【重要】新型コロナウィルス感染症に関する「感染縮小期」への切り替えについて

愛媛県のバスケットボール競技関係者の皆様へ

日頃の競技活動及び各種大会等の運営において、新型コロナウィルス感染症対策にご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。

愛媛県では、10月1日から本県独自の独自の警戒レベルを「感染警戒期」に切り替えし、第5波のリバウンドへの警戒を維持して参りました。その結果、県内の感染状況は落ち着きつつあり、ようやく収束に向かいつつあると評価できます。

この状況を踏まえ、警戒レベルを10月20日から「感染縮小期」に切り替えすることとなりましたが、散発的な陽性確認は継続しており感染リスクがゼロになったわけではありません。引き続き大事な家族やバスケットボールファミリーを守るため、感染回避行動を日常化していきながら社会経済活動の再開の歩みを徐々に進めて参りましょう。

 

○県協会発表資料

<10/1発表>・感染警戒期の感染防止対策について

○愛媛県発表資料

<10/20発表>・感染縮小期への切り替えについて  ・感染縮小期の取り組み

<9/29発表>・感染警戒期への切り替えについて  ・感染警戒期の取り組み